Home
Live info
Profile
Discography
Diary
Reese's mail
Fan message
Links
2007年10月のdiary
2007.10.18 声が・・・
みなさま、こんばんは。
お元気でいらっしゃいますか?

PCさんの方が、なかなかどうして言うことをきいてくれなくて、最高記録の勢いで日記が滞っておりましてごめんなさい。
ちゃんと元気でおりました・・・と言いたいところでしたが、ここ数日初めての体験に私自身びっくりしておりました。


というのも、数日前から急に喉の調子がおかしくて。
でも、まぁ「いつのもように、風邪さんですな」ってたかをくくっておりまして。
で、また「いつものように、ライブになったら良くなってるはず。ってか、治す!!」って気合いを入れて、16日の楽屋さんでのランチライブにのぞみました。


んでも、自分でもびっくりするくらい、声が出なくて。。。歌っている時には、その1曲をなんとか歌い切るということしか考えられませんでした。
そして、それでも聴きに来てくれた方や、その場に居合わせ、シアトルリセスとせっかく出会ってくださった方に、とてもとても申し訳なくて、自分が情けない気持ちで一杯になりました。


こんな経験がはじめてて、正直本当にどうしていいものか、分からなくなりました。
もしかしたら、歌わずにみなさんに謝って帰った方がいいのか、それともやっぱりこんなままでも聴きに来てくださった方の為に歌を歌った方がいいのか・・・。
そんな風に1stステージが終わっても、心は行ったり来たりしていました。


だけど、楽屋の心暖かいスタッフの方々や、楽屋さんでのライブを実現させてくださった方や、エザキさんに励まされて2ndステージも2曲だけでしたが、お送りする勇気を頂きました。
聴いてくださった方の中には「え、ぜんぜん良かったですよ」とか「癒されましたよ」なんて言ってくださる方までいて、私は本当に申し訳なさと感動で胸が満杯になりました。


自己管理がなっていなくてこんな結果になってしまったことで、本当に沢山の方にご迷惑をおかけしてしまって本当にすみませんでした。
ライブ翌日には、いよいよ声が全然でなくなってしまいまして、その後、病院でしっかり検査を受けたところ、風邪ではなさそうということを言われました。
原因はハッキリしないものの、声帯が腫れているとのことで、注射や薬の吸入や飲み薬などを頂き、今日にはなんとか声が出るまでに回復してラジオもどうにか(?)放送することができました。


原因がハッキリしないのがまだちょっと不安ですが、今はしっかり治して万全な状態で次回のライブにのぞめればと思っています。
心配してくださった方々、そして励ましてくださった方々、本当に本当にどうもありがとうございました。


なんだか、かなり凹んでみましたが、ちょっと立ち直ってきました。これからも頑張りたいと思っておりますので、また元気にライブでお会いできればと思います。


みなさまも、これからどんどん乾燥する時期になってきますので、くれぐれも体調には気をつけてくださいね。
またみなさまにお会いできるのを本当に楽しみにしております。

シアトルリセス


PS. 先日のmona recordsでのライブ後も日記を更新しないままでしたが、はじめましての目木とーるさん、とてもとてもすばらしいギタリストさんで、その日、エザキさんにも「すばらしいライブでした」と久しぶりにほめて頂きました。
なんというか、演奏しているうちに、こちらもどんどんノッていける、そんなプレーをされるギタリストさんでした。私もそんなプレーができる人になりたいなとすごく思いました。
目木さん、そして聴きに来てくださった沢山の方々、本当にどうもありがとうございました。また目木さんともご一緒できればと思っております。こんなシアトルリセスですが、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
 
Back number build by HL-imgdiary Ver.1.25